本文へスキップ

前立腺がんは早期発見・早期治療が大切です。前立腺がんの原因、症状、検査、治療を知っておきましょう!



前立腺がんを早期発見するには


 前立腺がんは早期に治療すれば約90%の人が完治する事ができるガンです。しかし、前立腺がんは早期発見するのが非常に難しいガンでもあります。その理由は前立腺がん特有の自覚症状がないことにあります。

 前立腺肥大症は尿道周辺の内腺に多く発症するため、病気が進行すると排尿障害などの症状が現れるようになりますが、前立腺がんは前立腺の外側に多く発症するため、病気が進行しても排尿障害などの症状があまり現れません。

 仮に排尿障害などの症状が現れたとしても、前立腺肥大症と勘違いしたり、歳のせいだからと軽く考えられたりします。しかし、前立腺がんの場合は、排尿障害などの自覚症状が現れるようになった時にはすでにがんが進行していることが少なくありません。前立腺がんの症状としては、排尿障害のほか、排尿痛、血尿、膀胱刺激症状などがあります。

 また、前立腺がんが骨盤や椎骨などに転移すると、腰痛や神経痛のような痛みを伴うようになります。前立腺がんには気付かず、腰痛で整形外科を訪れた際にがんが発見される事例も少なくありません。しかし、骨に転移が進んでいる場合は前立腺がんの末期ともいえます。

 前立腺がんは自覚症状に乏しいガンですが、検診では胃がんや肺がんよりも発見率が高いガンでもあります。現在のところ、前立腺がんの詳しい発症メカニズムが解明されていないため、前立腺がんを確実に予防する手段はありません。

 そのため、定期的に検査を受けて早期発見の機会を増やす事が何よりも大切なのです。前立腺がんは早期治療を行えばその多くが根治可能ながんですから、自分で積極的に検診を受けるようにしましょう。