本文へスキップ

前立腺がんは早期発見・早期治療が大切です。前立腺がんの原因、症状、検査、治療を知っておきましょう!

前立腺がんの検査(直腸診)


直腸内指診(直腸診)とは

 直腸内指診(以下、直腸診)とは医師が肛門から直接指を挿入し、直腸越しに前立腺に触れて状態を診断する検査です。前立腺は直腸のすぐ近くにあるので、肛門から指を入れると直腸の壁越しに前立腺の背面に触れる事ができます。


 肛門から指を入れる検査のため、直腸診に抵抗を感じる患者さんもいますが、前立腺の状態を把握するには大切な検査ですので、リラックスして受けましょう。

 直腸診を受ける際はズボンを下げ、ベッドの上で側臥位と呼ばれる横向きになります。医師は手袋をはめた人差し指にゼリーを塗り、肛門から静かに指を挿入します。そして指の腹側で直腸の壁越しに前立腺に触れて、前立腺の大きさや形、硬さなどを調べます。


直腸診だけでは前立腺がんが診断できない

 正常な前立腺は栗のような大きさと形をしており、柔らかく表面も滑らかです。しかし、前立腺が肥大するとゴムのように弾力を持ち、前立腺がんになると表面が石のように硬く、ゴツゴツとした感じになります。また、前立腺肥大症になると前立腺が鶏卵やみかんぐらいの大きさになるほか、前立腺が直腸面に突き出してくるようになります。

 直腸診では前立腺の直腸側の状態しかわからないため、前立腺の前側に癌ができている場合は発見することができません。また、指に触れて硬さがわかる前立腺がんはある程度進行しており、直腸診だけで早期の前立腺がんを診断することはできません。直腸診は担当する医師の熟練度によっても判定が変わってくるため、直腸診に加えて超音波検査やPSA検査、生検なども行って最終的な診断をします。

前立腺がんの検査(超音波検査)


前立腺がんの超音波検査は直腸からが一般的

 超音波検査とはいわゆるエコー検査のことであり、経腹的超音波断層法と経直腸的超音波断層法の二つがあります。経腹的超音波断層法は腹部から超音波を当てて、前立腺がんの有無を検査します。腹部からのエコーは健康診断などでも行われる一般的なものです。

 一方、経直腸的超音波断層法は超音波を発生するプローブと呼ばれる装置にゼリーを塗布し、患者さんの肛門から挿入して検査します。腹部からの超音波検査に比べて画像が鮮明であるため、前立腺がんの検査には直腸からの超音波検査が多く用いられます。


超音波検査では前立腺がんの早期発見が難しい

 この超音波検査では前立腺の大きさや形を調べる事ができるため、前立腺が肥大していたり、腫瘍がある場合は見つける事ができます。また、直腸診では前立腺の硬い異物を見つけることができても、それが結石なのか癌なのか判断することができませんが、超音波検査では判別することが可能です。

 正常な前立腺の検査画像は、前立腺が均一の明るさで映し出されます。一方、癌がある場合はその部分だけ暗く映し出されます。これは正常細胞が音波を反射するのに対し、癌細胞は音波を反射しないために起こるもので、この特性を活かして画像から癌を見つけます。

 ただし、超音波検査の画像はCTやMRIのように鮮明に映るものではないため、ある程度大きな癌であれば見つける事はできますが、早期の前立腺がんを見つける事は困難です。最近では血流の状態を把握できるカラードップラー法と呼ばれる超音波を導入している病院もあり、それにより癌に栄養や酸素を供給する異常な血管の増殖を確認することができます。