本文へスキップ

前立腺がんは早期発見・早期治療が大切です。前立腺がんの原因、症状、検査、治療を知っておきましょう!

前立腺がんの内分泌療法(ホルモン療法)


 内分泌療法とは、体内のホルモンを抑制したり、ホルモンを投与したりするなど、ホルモンを使って行う治療法です。前立腺は男性ホルモンのテストステロンと強い関わりがあり、テストステロンの分泌を抑えると前立腺が縮小する事がわかっています。そのため、テストステロンの分泌を薬剤などによって抑制し、前立腺がんを小さくするのが内分泌治療の特徴です。内分泌治療にはいくつかの治療法がありますが、いずれもテストステロンの働きを遮断してガンの増殖を防ぐ治療法です。


精巣除去手術

 両側の精巣(睾丸)を摘出することで、精巣から分泌される男性ホルモンをなくす治療法です。最も単純な男性ホルモンの遮断法であり、手術も30分程度で済みます。手術後1〜2週間程度で血液中の男性ホルモン量が急激に減少し、効果を発揮するようになります。・・・現在では精巣除去手術と同様の効果が得られるホルモン剤が開発されているため、精巣除去手術は減っています。


薬剤内分泌療法

≪抗男性ホルモン薬≫
 前立腺がんを発生させる原因の1つと考えられている男性ホルモン(アンドロゲン)と結びつく受容体を遮断してアンドロゲンの働きを妨げ、がんの発症を抑える抗男性ホルモン薬を用いる治療法です。抗男性ホルモン薬だけでなく、LH-RHアナログ薬と併用されることもあります。

≪女性ホルモン薬≫
 男性ホルモンの分泌を抑制する女性ホルモン薬を投与することで、前立腺がんを小さくする治療法です。体内で男性ホルモンよりも女性ホルモンの働きが強くなるため、副作用として乳房が大きくなったり、心臓の血管に障害を起こすなどの恐れがあります。そのため、投与には細心の注意が必要で、長期間使用することはできません。最近では副作用を軽減した治療法が開発されています。

≪LH-RHアナログ療法≫
 精巣を刺激して男性ホルモンを分泌させる性腺刺激ホルモンの分泌を抑制する働きのある、LH-RHアナログ薬を注射する治療法で、精巣除去手術と同様の治療効果が得られます。LH-RHとは「黄体ホルモンを導くホルモン」の意味、アナログは「模造品」や「類似品」という意味であり、LH-RHアナログ薬は「黄体ホルモン放出ホルモンの働きを模造した薬」を意味しています。
 LH-RHアナログ薬は皮下注射で用いられ、持続性があるために4週間に1度の注射で済みます。最近ではさらに効果が持続するLH-RHアナログ薬の開発も進んでいます。


エストラムスチン・フォスフェイト療法

 女性ホルモンの一種であるエストラジオールと、抗がん剤の一種であるナイトロゲンマスタードを合わせて作ったエストラムスチン・フォスフェイトという薬を使用してガンの治療を行うもので、内分泌療法と化学療法を併用した治療法といえます。


術前ホルモン療法

 手術の3〜4ヶ月前から男性ホルモン剤を投与し、前立腺がんを小さくしてから手術で前立腺を切除する治療法です。がんが小さくなっているので切除が正確かつ容易になるほか、手術時間が短くてすむために患者の負担も少なくて済みます。術前ホルモン療法はネオアジュバント療法とも呼ばれています。