本文へスキップ

前立腺がんは早期発見・早期治療が大切です。前立腺がんの原因、症状、検査、治療を知っておきましょう!

前立腺がんの症状とは


初期の前立腺がんは自覚症状がほとんどない

 前立腺がんは比較的進行が遅く、おとなしいガンとされていますが、進行すると周囲の骨盤や脊椎に転移しやすくなります。前立腺がんは早期に発見できれば90%は治療可能なのですが、早期発見しにくいことが死亡者数増加の原因になっています。

 前立腺がんが発見しづらい原因として、初期にほとんど自覚症状がない事があげられます。たとえ自覚症状があったとしても、トイレが近くなったり、おしっこが出にくいなど、前立腺肥大症と症状が非常に似ており、歳のせいだからと診察を受けない人が多くいます。これが早期発見の機会を逃す原因になっています。


前立腺がんの症状の代表は排尿障害

 前立腺がんの最も代表的な症状は、尿がでにくくなる排尿障害です。これは前立腺がんが進行して尿道を圧迫することで起こります。前立腺がんは前立腺の尿道から離れた場所にできやすいため、尿道にまで癌が及んでいるという事は前立腺がんがかなり進行していると考えられます。前立腺がんには尿に関連した以下のような症状が現れます。

頻繁に尿意をもよおす(頻尿)
夜中に何回もトイレに行きたくなる(夜間頻尿)
排尿後に尿が残っている感じがする(残尿感)
尿意を我慢できなくなる(切迫尿)
尿線が細くなりチョロチョロとしか出ない(尿線最小)
排尿が終わるまでに時間がかかる(排尿遅延)
尿が途中でとまってしまう(尿線途絶)
尿に血が混じる(血尿)
尿がでなくなる(尿閉)
精液に血が混じる(血精液症)


骨に転移すると背中や腰に痛みが起こる

 前立腺がんは骨に転移しやすいという大きな特徴があります。前立腺から近い骨盤や腰骨に転移すると、癌が脊髄神経を圧迫することによって背中や腰、下肢に様々な痛み(鈍痛や刺すような痛み)を感じるようになります。前立腺がんだと気づかず、整形外科を受診した際にがんが発見されるというケースも珍しくありません。

 また、リンパ節に転移することも多く、癌によってリンパ液の流れが滞ると下肢にむくみが生じたり、尿管が癌に侵されて腎機能が低下することもあります。前立腺がんになる人の90%以上が60歳以上であることから、本人だけでなく、周囲の人も些細な体の変化を気にするようにし、定期的に検査を受けるようにする事が大切です。