本文へスキップ

前立腺がんは早期発見・早期治療が大切です。前立腺がんの原因、症状、検査、治療を知っておきましょう!

前立腺がんの検査(生検)


生体検査(生検)は直接細胞を採取する

 生体検査(以下、生検)とはガンと疑われる組織を採取し、顕微鏡でガン細胞を直接調べる検査です。この検査は前立腺がんに限らず、さまざまなガンの検査に用いられています。生体検査はすべての人に行うわけではなく、直腸診や超音波断層検査で前立腺に異常が認められた人、PSA値が高い人などに行われます。組織の細胞を直接観察することができるため、癌の確定診断をする上で大変重要な検査となります。


 検査方法としては、直腸や会陰から太さが1〜2mmの針を前立腺まで刺し込み、前立腺の組織を採取します。最近ではより確実にガン細胞を採取するため、生検銃(バイオプシーガン)と呼ばれる器具を用いています。これは直腸に超音波を発するプローブを入れ、超音波画像で確認しながら針を刺し込んで組織を採取する方法です。


検査時の痛みはほとんどない

 直接針を刺しこむために痛みを心配するかもしれませんが、直腸には痛みを感じる神経がなく、穿刺には針が瞬時に飛び出して組織を採取する器具が使用されるので、痛みを感じることはほとんどありません。さらに検査時には腰椎麻酔か局所麻酔が使用されます。

 針を刺す箇所は10か所以上が望ましいとされており、施設によっては見落としを防ぐために20か所以上の組織を採取する場合もあります。


検査は30分程度、1泊の入院をする場合もある

 生検にかかる時間は約30分程度で、検査結果が出るまでには1週間ほどかかります。生検は針を何か所も刺すことから、出血や感染症のリスクがあります。そのため、検査後は1泊程度の入院をする場合もあります。ただし、最近では外来で麻酔をせずに検査を行い、日帰りできる病院も増えています。

 検査後は感染症を予防するため、3日間程度抗生物質を服用します。また、検査後1週間程度は前立腺を刺激しないよう、バイクや自転車に乗るのは控えるよう指導されます。