本文へスキップ

前立腺がんは早期発見・早期治療が大切です。前立腺がんの原因、症状、検査、治療を知っておきましょう!

 前立腺がんは初期症状がほとんどなく、自分で早期発見することはほぼ不可能ですが、検診では他の癌よりも比較的見つけやすく、根治も期待できる癌です。正しい知識を身につけ、積極的に検査を受けるようにしましょう。

前立腺の基礎知識

 前立腺は体のどこでどのような働きをしているのか、あまり知られていません。しかし、男性にしかない生殖器の1つで、生殖活動のためにはなくてはならない大切な臓器です。病気について知る前に、まずは前立腺について知ってみましょう。


前立腺がんの基礎知識

 前立腺がんは早期に治療を行えば約90%の人が完治します。しかし、がん初期の自覚症状が乏しく、症状が現れた時にはすでに転移していることが少なくありません。早期発見のために、前立腺がんのことを知ってみましょう。


前立腺がんの症状と検査

 前立腺がんには特有の症状がほとんどなく、それが発見を遅らせる原因になっています。特に初期のがんでは自覚症状がほとんどなく、あったとしても他の病気と区別するのが難しいものです。50歳を過ぎたら、定期的に泌尿器科で検査を受けるようにしましょう。




前立腺がんの治療

 前立腺がんの治療は、がんの進行度と患者さんの状態や希望によって治療法が判断されます。一般的に発見が早いほど完治が期待できますが、がんが進行している場合は治療が難しくなります。治療法を正しく理解し、納得して治療を受けるようにしましょう。


前立腺の病気 前立腺肥大症

 前立腺肥大症の患者数は年々増加しており、50歳以上では5人に1人が肥大症にかかっているといわれています。トイレが近くなった、残尿感がある、尿の出が悪くなったなどの症状がある場合は前立腺肥大症が疑われるので、早めに診察を受けましょう。